2014年09月18日

木造軸組構法の近代化[源 愛日児]

木造の変遷を構法からのアプローチで解き明かす試みは今までにあまりない視点。
とかく木造というと「木の文化」という大きな枠組で捉えてしまって、結局なんだか分からず、昔からあったから良いものなのだ的な落としどころでお茶を濁してしまうようなものも多い。
伝統的な構法研究(在来構法の研究―木造の継手仕口について)をしてきた筆者としてはそういったことではなく、江戸時代の終焉と明治期の間にどういった木造建築に変化が起こってきたのかを多くの文献から克明に検証しようという姿勢が読み取れる。その検証は、その時代の大工棟梁の創意工夫と新たに登場する学士建築家たちとの協働であったり、対峙であったりの歴史を当時の文献、今手にできる修理報告書などから積み木を積み上げるように論理を組み立てようとの試みでもある。
kouhoukindaika.jpg
 濃尾地震など自然災害による影響も大きいことが分かる。
阪神大震災以降に現在おこっている状況に重ねてみることもできそうだ。 特に、木造関係の技術者にとっては必携の書といえる。
ただ、書籍の版型のためなのだろうが添付の図面が小さいのが残念である。資料の文献は多数掲げられていることもあり、興味のある部分を深めることには役立つ。学生、研究者、実務者どの立場であっても頭を整理できる1冊と言えるのではないだろうか。
[目次]
1章 明治前半の洋風木造建築に見る軸組構法
2章 建築家の洋式軸組構法
3章 震災と耐震木造技術
4章 和風真壁の筋違構法

posted by 太郎丸 at 23:56| 太郎丸のおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする