2014年09月18日

木造軸組構法の近代化[源 愛日児]

木造の変遷を構法からのアプローチで解き明かす試みは今までにあまりない視点。
とかく木造というと「木の文化」という大きな枠組で捉えてしまって、結局なんだか分からず、昔からあったから良いものなのだ的な落としどころでお茶を濁してしまうようなものも多い。
伝統的な構法研究(在来構法の研究―木造の継手仕口について)をしてきた筆者としてはそういったことではなく、江戸時代の終焉と明治期の間にどういった木造建築に変化が起こってきたのかを多くの文献から克明に検証しようという姿勢が読み取れる。その検証は、その時代の大工棟梁の創意工夫と新たに登場する学士建築家たちとの協働であったり、対峙であったりの歴史を当時の文献、今手にできる修理報告書などから積み木を積み上げるように論理を組み立てようとの試みでもある。
kouhoukindaika.jpg
 濃尾地震など自然災害による影響も大きいことが分かる。
阪神大震災以降に現在おこっている状況に重ねてみることもできそうだ。 特に、木造関係の技術者にとっては必携の書といえる。
ただ、書籍の版型のためなのだろうが添付の図面が小さいのが残念である。資料の文献は多数掲げられていることもあり、興味のある部分を深めることには役立つ。学生、研究者、実務者どの立場であっても頭を整理できる1冊と言えるのではないだろうか。
[目次]
1章 明治前半の洋風木造建築に見る軸組構法
2章 建築家の洋式軸組構法
3章 震災と耐震木造技術
4章 和風真壁の筋違構法
続きを読む
posted by 太郎丸 at 23:56| 太郎丸のおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

INAXBOOKLET 継手・仕口 日本建築の隠された知恵 [濱島 正士・田中 文男・伊藤 延男・伊原惠司 ・大河直躬・他]

 「継手」と「仕口」は、釘あるいはかすがいなどを用いずに木材同士を接合する伝統的な手法、外からはそれとわからぬのがミソで、そこに大工技術の粋を見る。
1984年にINAXギャラリー にて行なわれた展覧会「継手・仕口 日本建築の隠された知恵」の展示解説のブックレット。
siguti-tugite.jpg[内容]
・座談会 大工技術の枠 継手・仕口を考える
   伊藤延男×田中文男×濱島正士
・図版構成
 継手・仕口のしくみ(構成)田中文男
 継手・仕口の基本的な形
・コラム
 日本建築の構造−社寺建築を中心に
 継手・仕口の変遷を見る
 まず鎌倉前期に大きく飛躍 継手・仕口と工匠の歴史
 工法の変遷とともに 日本建築の工具
 木の性質と継手・仕口
 木栓や木釘が補強のポイント ヨーロッパの木造仕口
 継手・仕口の痕跡から古建築の歴史を探る
 継手・仕口を機械でプレカット 期待される在来工法の応用
 <木造空間浴>のすすめ
続きを読む
posted by 太郎丸 at 00:16| 太郎丸のおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

斑鳩の匠 宮大工三代[西岡常一・青山茂]

西岡常一棟梁が69歳の1977年が徳間書店での初版で、棟梁に関して本格的に書かれたものとしては最初の本となっているものと思われる。翌年にNHKブックスから「法隆寺を支えた木」が出版されている。
miyadaikusandai.jpg
徳間書店版 
「最後の宮大工」といわれ、木のクセを見抜き、木のいのちを活かしつづけ、明治以来三代続いた宮大工として、受け継がれてきた技と匠の世界を語りつくす。
対談形式で読みやすく、日本の文化である木造建築に携わろうとする人には必読の書。
徳間書店版は古本でないと入手できないが、再刊が平凡社からされている。
[目次]
第1章 西岡常一の歩んだ道
第2章 法隆寺金堂の解体修理
第3章 法輪寺三重塔の再建
第4章 薬師寺金堂の復興
第5章 建築用材と工具のはなし
第6章 宮大工の後継者たち
続きを読む
posted by 太郎丸 at 23:50| 太郎丸のおすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする